沖縄でシュノーケルをするには?準備は必要?

せっかく沖縄に来たのであれば、綺麗な海を満喫したいと考える人も多いでしょう。そんな時にオススメできるのがシュノーケルです。ダイビングよりも簡単にできることから、初心者の人や泳ぐことが苦手な人でも大いに楽しむことができます。

そもそもシュノーケルとは何か

海に飛び込み

まず大前提として、シュノーケルとは何なのでしょうか。一般的に海を楽しむレジャーと言えば、ダイビングが有名となっていますが、この2つに違いはあるのでしょうか。

ダイビングは、ある程度深いところまで潜って海中の景色や風景を楽しむことを目的としています。ただ、ダイビングは耳抜きを覚えないといけませんし、マスクやグローブや空気ボンベなど身につけないといけない物も多いです。そのため、初めての人や泳ぐことが苦手な人、あるいは子供や高齢者にとっては、少しハードルが高く感じてしまいます。

一方でシュノーケルは、水に浮かんだ状態で海中を覗くことになります。したがって、ダイビングと違って難しい耳抜きをする必要がなく、用意する道具も少なくて済みます。ライフジャケットやウェットスーツを着用することになるので、泳ぎな苦手な人でも常に浮かんだ状態を保つことができます。

このように、シュノーケルは誰でも気軽に楽しむことができますし、年齢制限も基本的にありません。したがって、家族で楽しむことも十分に可能ですし、沖縄の海を楽しみたい人にはぴったりのレジャーとなっています。

シュノーケルをするために必要な準備

沖縄の海で泳ぐ

シュノーケリングをするためには、ゴーグルとフィンとシュノーケルの3つが必要となります。ただ、ショップの方に申し込む場合は、これらを無料でレンタルできるところがほとんどなので、事前に用意しておく必要はありません。

上記以外では、ウェットスーツやグローブやラッシュガードなどがあれば、怪我や日焼けの帽子になります。もっとも、これらも大半のショップでレンタルすることが可能なので、荷物になりそうなら無理に用意しなくても構いません。

真夏の時期にシュノーケルをするなら、日焼け止めは塗っておくのが望ましいです。ダイビングと違って海面に浮いた状態になりますから、日焼け対策はしっかりと行っておくようにしましょう。

あとは、海中をスマホやデジカメで撮影するのであれば、防水ケースに入れておくのが推奨されます。防水機能があったとしても、砂粒などが挟まっていて浸水してしまう恐れがあるので、専用のケースに入れて故障するのを防ぎましょう。

シュノーケルのやり方について覚えよう

きれいな熱帯魚

シュノーケルは誰でも簡単に楽しむことができるので、特に事前に知っておかなければいけないことはありません。ただ、基本的なやり方だけでも覚えておけば、当日はより快適に楽しむことができると思います。

まず、シュノーケルではフィンを装着して泳ぐことになるので、特に力を入れなくてもスイスイと前に進むことができます。したがって、必要以上に足や手を動かさないことが重要で、余計な負担をかけないようにしましょう。

次に、シュノーケルをしている時にマスクに水が入ってくることがあるので、その際にはフレーム部分を少し斜めに押さえるようにしましょう。また、マスクの水を飲み込まないよう、水面に上がったら勢い良く息を吐き出しましょう。

あとは、ダイビングと違って海に潜るわけではありませんが、それでも水圧で鼓膜が圧迫されることになるので、簡単な耳抜きのやり方を練習しておく必要があります。もっとも、これらもインストラクターの人がしっかりと指導してくれるので、頭の片隅に入れておく程度で大丈夫です。

シュノーケルではどういったことを楽しめるか

熱帯魚に餌付け
シュノーケルはダイビングと違い海中に潜らないわけですが、それでも色々なことを楽しむことができます。むしろ、シュノーケリングだからこその魅力や楽しさもあったりします。

シュノーケルでは、水に浮かんで海中全体を見渡すことができるので、その美しい景色を満喫することができますし、写真に撮影してもいいでしょう。ダイビングと違って耳抜きなどに手間取ることもないので、景気を楽しむことに専念できます。

また、沖縄の海にはたくさんの熱帯魚が生息しているので、エサやりを体験してみるのもいいでしょう。大半のショップではオプションとして利用できるため、興味があれば申し込んでみましょう。

そして何より、場所によって見られる風景や景色も大きく異なりますから、何度でも飽きることなく楽しむことができます。沖縄に訪れるたびに、前回とは違った場所でシュノーケルを楽しむのもいいでしょう。

興味があるなら一度体験してみよう

もし沖縄のシュノーケルに興味があるなら、まずは一度体験してみるといいでしょう。初心者でも簡単にできますし、費用の方もお手頃となっていますから、気軽にやってみることができます。もし大いに満足することができたら、次はよりじっくりと楽しむことをオススメします。