シュノーケルで経験を積んでダイビングを始めるのもいい

沖縄の海を楽しみたいと思っても、初心者にとってダイビングはハードルが高くて躊躇ってしまうかもしれません。それならば、まずはシュノーケルから始めて経験を積んでみるのもいいかもしれません。

まずは水に慣れることが大事

ダイビングは敷居が高いと思っている人の多くは、あまり泳ぐことが得意ではなかったり、水に対して苦手意識を持っていると思います。そのような人にとっては、まずは水に慣れることが大事になってきます。シュノーケルであれば、海中に潜ることはありませんし、道具を着用してスムーズに泳ぐことができるので、経験を積むにはぴったりと言えます。

ダイビングよりも泳げる場所は多い

シュノーケルは基本的に海面に浮かんだ状態となりますから、浅瀬でも問題なく泳ぐことができます。そのため、ダイビングよりも泳げる場所は多いですし、手軽に経験できることもメリットの1つでしょう。要する時間も比較的短いですから、沖縄旅行の合間に泳ぐことも可能です。

慣れれば個人で楽しむこともできる

ダイビングの場合はライセンスを持っていないと、インストラクターと一緒でなければ潜ることはできませんが、シュノーケルはライセンスが無くても個人で潜ることができます。したがって、ある程度慣れてきたらわざわざショップに申し込まなくても、個人で楽しむこともできるわけです。

その場合は、事前に道具を用意しておく必要がありますが、必要な道具もダイビングに比べれば遥かに少ないので、旅行の負担になることもないでしょう。

できるだけ楽しむことに専念するためにも

水や泳ぎが苦手な人にとっては、いきなりダイビングをしても慣れることに精一杯で、沖縄の海を十分に楽しめないかもしれません。できるだけ楽しむことに専念するためにも、シュノーケルから始める意味は大いにあると言えます。そして、水に対する苦手意識も克服できたと感じたのであれば、今度はダイビングにチャレンジしてみるといいでしょう。

関連する記事