シュノーケルをする上で本格的な準備は不要

シュノーケルをするには、何かと準備が大変そうなイメージを持つかもしれません。しかし、ダイビングと違って必要となる道具も少ないですし、本格的な準備は不要となっているので、沖縄旅行の際にも手軽に楽しむことができます。

ショップを利用するなら全てレンタルできる

シュノーケリングで必ず着用しなければいけないのが、シュノーケルとフィンとゴーグルになります。ただ、個人で潜る場合には事前に用意しなければなりませんが、ショップを利用する場合には全てレンタルすることができます。これらは料金に全て含まれているケースがほとんどなので、別途追加費用を支払う必要もありません。

したがって、水着やタオルや日焼け止めなど、普段ビーチに遊びに行く際の準備だけで十分となっています。これなら旅行の荷物になることもありませんし、急遽予定を変更して潜ることもできます。

事前の下調べも特にしなくて大丈夫

個人で潜るのであれば、シュノーケルの基本的なやり方はもちろんですが、潜るのに適した場所なのか、危険はないかどうかの下調べを行っておく必要があります。しかし、ショップのインストラクターが同行する場合には、そういった下調べをしなくても問題ありませんし、泳ぎ方や注意事項なども事前にしっかりと指導してくれます。

もちろん、時間があるなら簡単な情報収集だけでもやっておくに越したことはありませんし、ちょっとしたことだけでも知っておけばより楽しく潜れるかもしれません。将来的に個人でシュノーケルをしたいと思っているのであれば、色々と調べておくといいでしょう。

手軽にできるからこそ多くの人に支持されている

準備が不要なことはもちろんですが、難しいスキルは一切要求されず、初めての人でも手軽に潜ることができるからこそ、シュノーケルは多くの人に支持をされています。特に、小さい子供と一緒に家族旅行をする人にとっては、最高のレジャーだと言えるかもしれません。

関連する記事