雨が降ってもシュノーケルは楽しめる

せっかく沖縄でシュノーケルを楽しもうと思っても、「雨が降っていると潜れないのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、シュノーケルは雨が降っていても十分に楽しめますし、むしろ雨の時こそ積極的に楽しみたいところです。

基本的に雨はそこまで影響しない

シュノーケルやダイビングは、基本的に雨はそこまで影響しません。たとえかなりの雨量であっても、風がほとんど吹いていなければ問題なく潜ることができます。したがって、風が強くない限りは雨が降っていても心配する必要はありませんし、存分に楽しむことができるでしょう。

むしろ、雨が降っていると他のレジャーができなかったり、観光に行ける場所も限られたりするので、雨だからこそ逆に予定していなかったシュノーケルを楽しむという選択肢もありです。

雨だからこその利点もある

シュノーケルに関しては、快晴の日よりも曇りや少し雨が降っている方が良かったりします。晴れていると日差しによって影ができてしまうので、それが案外邪魔になってしまうことも多いです。

晴れていなくても海の中はしっかりと見えますし、影ができないことで魚も見つけやすいですから、より楽しく潜ることができるでしょう。日焼けを気にせずに済む利点もあるので、天候が良くないからこそのメリットも多いです。

防寒対策はしっかりとしておく

ただ、雨の日は沖縄と言えども海から出ると少し寒さを感じてしまいます。まして夏以外の時期であれば、防寒対策はしっかりとしておく必要があります。また、いくら雨でも問題なくシュノーケルができるとは言っても、視界は晴れている日よりも悪くなりますし、急に風が強くなるなどのリスクはありますから、インストラクターと同行で潜るようにしましょう。

あえて雨の日を狙って潜っているのもいい

普段いつも晴れている日にシュノーケルをしている人は、あえて雨の日を狙って潜ってみるのもいいでしょう。もしかしたら、今までと違った景色が見られるかもしれません。

関連する記事