Youtuber

あるごめとりいの学歴が凄い!早稲田と東大を卒業して会社を設立!

「あるごめとりい」は、未解決事件やミステリー、サイコパス事件などちょっと怖い話を配信しているYoutuberです。

動画を見てみると結構怖いものも多いですが、気になって動画を見てしまいますよね!

そんな「あるごめとりい」の2人ですが実はかなりの高学歴なんだとか!なんと早稲田大学と東京大学を卒業しているんです!

この記事ではそんな「あるごめとりい」のプロフィールなどについてまとめていきます!

あるごめとりいのプロフィール!

あるごめとりいのメンバーは基本的には二人で、西江健司さんと斎藤正直さんの二人で動画を配信しています。

昔はチャレンジ系の動画をアップしていたのですが方向転換し、現在の都市伝説系の動画をアップするようになったようです。

ここではそんな2人のプロフィールについてまとめていきます!

・西江健司さん

西江健司さんの画像

西江健司さんは1992年10月25日生まれの28歳です。(2021年2月時点)

西江健司さんは早稲田大学商学部を卒業しているとのことなので、かなりの高学歴ですね!

さらに「フラッシュモ部」というサークルを大学で作った経歴もあります。なんと、「フラッシュモ部」は総勢200名以上の巨大サークルで、西江健司さんはそのサークルの初代幹事長だったのです!

また、西江健司さんは、早稲田王決定戦という早稲田の名物企画で、第14回と第15回のチャンピオンでもあります。

早稲田王決定戦は早稲田祭りの名物企画で、代表者4名がステージ上で早稲田王の称号をかけて戦うお祭りです。

土の中の幼虫を口で探したり、体中に鎖を巻いて、そこから脱出したり…と、企画の内容はかなりぶっ飛んだものになっているようです笑

・斎藤正直さん

斎藤正直さんの画像

斎藤正直さんは1993年生まれの28歳です(2021年2月時点)

斎藤正直さんは日本一の大学である東京大学農学部・環境工学専修を卒業しています。

紫色のカツラを被っていてオネエキャラとしてかなりインパクトの強い斎藤さんですが、最初からオネエキャラで活動していたわけではないようです。

最初の2年くらいは本名でYoutubeに出ていたようです。そして、その後はおねえキャラの「闇病み子」さんとして活動しています。

西江健司は元偏差値28から2浪で早稲田に合格した!?

西江健司さんは、偏差値28から2浪して早稲田大学に合格しています。その時の様子を「引きニートコミュ障偏差値28から早稲田に行く」という本にもまとめています。

「引きニートコミュ障 偏差値28から早稲田に行く」の本

西江健司さんは高校時代はコミュ障で、受けた大学は全て落ちてしまい卒業後は引きニートになってしまったそうです。

そして「早稲田大学に行けば何か変われるんじゃないか」と必死に勉強し、2浪の末に早稲田に合格した」ということが書かれてあります。

偏差値28から2浪して早稲田に合格するなんて西江健司さんは相当な努力家ですよね!

あるごめとりいの斎藤正直はオネエなのか?

斎藤正直さんはYouTube活動を始めてから2年後に闇病み子さんというオネエキャラでYouTubeに登場しています。

これはキャラなのか、どうなのか気になるところですよね。ツイッターでもオネエを発揮しています笑

この面白おかしい斎藤さんが高学歴で東大卒だなんてすごいですね。ちなみに大学時代は野球でキャッチャーをしていたそうなので、運動神経も良さそうです。

あるごめとりいは元TBS社員で株式会社panxyを創設!

あるごめとりいの西江健司さんと斎藤正直さんは2017年にTBSに入社しています。TBSで働いていた時は「陸王」や「マツコの知らない世界」など数多くの人気番組を手がけていたようです!

だからこそ、二人のYouTubeの動画も非常にが上手に構成されているのですね!その後2人は2019年にTBSを退社して株式会社pamxyを立ち上げました。

株式会社pamxyのロゴ

株式会社panxyは西江健司さんが代表取締役をしておられます。panxyという名前の由来は、

  • pain(原体験)
  • addict(夢中)
  • mania(熱狂)

この3つの要素にx(あなたの個性=変数)を足すとy(誰も見たことの無い新たな変数)が生まれるという意味なのだそうです。

会社では「若年層に向けたコンテンツの制作」や「誰もが自分を表現できるプラットフォームの開発」に力を入れていくとのことなので、これからが楽しみですね!

あるごめとりいの収入は2000万超え!?

あるごめとりいの推定年収は2540万円と言われています。YouTubeチャンネル登録者数は約40万人(2021年2月時点)なので可能性としては十分にあり得ますね!

あるごめとりいの画像

今後はYoutubeの動画収益以外にも、YouTube発のIPコンテンツを生み出して、ゲームやグッズで収益化できるような仕組みを作っていくようです。

TBS時代に培った企画力があるからこそ、こういった面白い企画ができるのだと思います。今後もお二人の活躍に期待しています!